【最新刊】ちいさくともる

ちいさくともる

著:阿弥陀しずく

712円(税込)

最新刊を購入

カゴに追加

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

父の入院をきっかけに地元へ戻った灯が再会したのは小学校の同級生・山田。引っ込み思案で物静かだった山田は、今も当時と変わりない印象だったが、彼の実家の喫茶店で唐突に草野球に誘われてから、二人の距離はぐっと近くなる。天然だったり頑固だったり、知らなかった山田の一面を知るにつけ、灯の胸は高鳴りを覚え――。阿弥陀しずくの初コミックス、忘れ物を手渡すような一冊。

続きを読む

本作品には、一部過激な表現・描写が含まれていますので、ご購入はご自身の判断と責任において行ってください。

ページ数
180ページ
提供開始日
2015/02/06
連載誌/レーベル
東京漫画社(BL)
  • 次の最新刊から発売日に自動購入

    この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
    自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

レビュー

  • 2014/07/25Posted by ブクログ

    阿弥陀しずくサンの初コミックス。ものすごくマーブルらしいお話だった(笑)←私の印象として。

    上京していた藤原が父親の入院で地元に帰省し、小学校の同級生・山田と再会…するんだけど、山田が可愛らしい容姿...

    続きを読む
  • 2015/11/21Posted by ブクログ

    ゆっくり度★★★  筋肉度★★★

    小学校同級生との再会から始まるゆっくりとした社会人恋物語。表紙から受ける印象そのままの、ゆっくりと少しずつ進んでいく、決して大きな打ち上げ花火や激しい音は鳴らないの...

    続きを読む
  • 2014/08/06Posted by ブクログ

    著者の初コミックスだそうです。小学校時代同じクラスだったにもかかわらず、殆ど口を利いたことがなく、それでも気になっていた相手。実家の父が入院して慌てて帰ってきた攻め。そこから話は進みます。
    田舎の喫茶...

    続きを読む
開く

セーフモード