学校が危ない―週刊東洋経済eビジネス新書No.95

編:週刊東洋経済編集部

200円(税込)
1%獲得

2pt(1%)内訳を見る

購入へ進む

カゴに追加

    子どもと向き合えず、雑務に忙殺される教師。心を病み、学校を去る教師。そして着々と進行する教師の非正規化──。学校現場が大きく揺れている。「仕事量が多すぎて、自分の子どもに勧める仕事ではない」「単なるサービス業か?と思ってしまうことがある」教師たちの気持ちや働き方の現状を無視したまま、新たな施策が押し付けられようとしている。教育現場で今何が起きているのか。日本の教育の今を追った。本誌は『週刊東洋経済』2014年9月20日号掲載の34ページ分を電子化したものです。●●目次●●先生たちのSOSルポ1先生が辞めていくルポ2燃え尽きる先生ルポ3ブラック化する職場ルポ4多忙と疲労の果てに現役教師・覆面座談会「教師は“24時間受付可能”と思われている」大公開忙しい先生の実像と本音学力世界上位でも低い先生の満足度Interview「北風だけじゃ耐えられない」教育評論家尾木直樹Interview「学力は家庭と学校の力の掛け算」大阪大学大学院人間科学研究科教授志水宏吉これが最強・秋田モデルだ!ルポ広がる子どもの学力格差と貧困進学塾が教員研修。学力アップにあの手この手「花まる学園校」の衝撃(佐賀県武雄市)Interview「公教育はもう限界だ」武雄市長樋渡啓祐Interview「メシが食える大人にする」「花まる学習会」代表高濱正伸橋下教育改革は何をもたらしたのか始まった教育のICT利用

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード