【最新刊】秘書

秘書

著:団鬼六

677円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

「超PayPay祭キャンペーン」で獲得予定のボーナスの一部については内訳に表示されません。購入完了後PayPayアプリ取引履歴とebookjapanの購入完了メールを合わせてご確認ください。詳しくはこちら

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    日本人離れした肢体と真っ白な肌、清楚な面立ちの志津子は二十五歳の社長秘書。社長の御曹司との結婚も目前だ。しかしある日、横恋慕した同僚の小泉らによって、志津子は誘拐され、緊縛、浣腸と凌辱の限りを尽くされる。男たちの荒々しい本能のままに犯されていく志津子だが、密やかな被虐の炎が開花して……。巨匠が放つ性奴隷小説の決定版。

    続きを読む
    提供開始日
    2015/02/06
    連載誌/レーベル
    幻冬舎アウトロー文庫
    出版社
    幻冬舎
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    レビューコメント(1件)
    • 秘書2020/07/27Posted by ブクログ

      澁澤龍彦に触発されて、
      団鬼六の作品を初めて読了。
      サド文学。
      女は官能によって磨かれる。
      言い得て妙。
      ただの官能小説ではない、作品としての完成度を感じさせる著書。
      人間の本性の一部として備わってい...

      続きを読む

    セーフモード