日本の特別地域 特別編集65 これでいいのか 福井県

編:岡島慎二 編:土屋幸仁

838円(税込)

購入へ進む

カゴに追加

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。某民間調査会社が発表した2014年の各都道府県の魅力度ランキングで福井県は45位。ワースト3入りである。ところがよく調べてみると、下位は北関東3県(茨城・栃木・群馬)や埼玉、佐賀など何かと揶揄される県ばかりで、福井も実は下位の常連県のひとつ。悲しいかな、福井はそんなことも知られてないほど超マイナー県なのだ。福井の名は知っていてもどんなところかあまりよく知られていない。が、実際にはイマイチ県では断じてない。第二次産業では繊維、電子部門が全国平均を大きく上回り、眼鏡フレームに関しては国内生産量の9割を占める、知る人ぞ知る工業県である。何といっても福井は「幸福度が日本一」。福井の幸福はアクセスの悪い立地の上に成り立ってきたともいえる。2015年に北陸新幹線が開業、敦賀への延伸も予定されるマイナーな福井におけるこうしたドラスティックな変化は、幸福な県民の不幸の始まりになりはしないだろうか?本書では、地元視点ではわからない本当の福井人気質を探りつつ、嶺北・嶺南という「ふたつの福井」の現状と問題点にズバッと切り込んだ。「幸福な独立国家・福井」。その本質と進むべき将来をこれから探っていこう。

    続きを読む

    レビュー

    まだレビューはありません。作品の好きなところを書いてみませんか?

    レビューを投稿する
    [{"item_id":"A000447517","price":"838"}]

    セーフモード