【最新刊】こんなハズじゃなかったのにさ

こんなハズじゃなかったのにさ

著:高月まつり イラスト:海奈

628円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

中埜里久・30歳は、この記念すべき節目の歳に自分に正直に生きることを決めた。きっかけはデートクラブ、『アンダー・ザ・ローズ』「シャイなあなたに夢のひとときを。擬似恋愛を楽しんで頂けます。(同姓デートも承ります)」品のいいサイトの一番下に書かれた、里久にとって最も重要な「同姓」という言葉に、即デートの予定を入れたまではよかったが、派遣されてきたのは、里久の希望した「小さくて可愛い男の子」ではなく、瞳の鋭い長身の華麗な青年、時春だった。「俺は可愛がって欲しいんじゃない。『可愛がりたい』んだ!」すぐにチェンジを試みる里久だが、逆に時春に気に入られ…!!

続きを読む

本作品には、一部過激な表現・描写が含まれていますので、ご購入はご自身の判断と責任において行ってください。

提供開始日
2015/02/06
連載誌/レーベル
ラヴァーズ文庫

レビュー

レビューコメント(4件)
  • こんなハズじゃな...
    2011/06/10

    ラブコレ3周年で番外編は既読だったのですが本編積読のままだったのでサルベージ。気楽に楽しめる1冊です。天使のような可愛い男子に突っ込むゲイライフを希望してた里久なのに理想とは真逆の悪魔な時春にあろうこ...

    続きを読む
    Posted by ブクログ
  • こんなハズじゃな...
    2009/02/26

    出張ホスト?(強引攻め)×リーマン(アホの子受け)、コメディ。
    30歳を区切りに自分に正直に生きようと、男性同士もOKのデートクラブに登録した受け。年下の可愛い男の子を希望したところ、実際に表れたのは...

    続きを読む
    Posted by ブクログ
  • こんなハズじゃな...
    2011/02/04

    最初から主人公が「男が好き」と割り切っている。そして、本当は攻め希望だったのに、ずるずると受けにされてしまうという展開。

    ただ、私としてはラストで語っているシチュエーションを見てみたかったです。
    ...

    続きを読む
    Posted by ブクログ
他のレビューをもっと見る

セーフモード