【最新刊】プラチナタウン

プラチナタウン

楡 周平

605円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    大手総合商社・四井商事の部長・山崎鉄郎は、社員採用試験をめぐるちょっとした手違いで出世コースから外されクサっていた。そんな折、中学時代の同級生・熊沢から、故郷である東北の田舎町・緑原町の町長になってくれと懇請され、酔った勢いで承諾した。エリート商社マンの職を捨て故郷に戻った山崎は、みごと町長に就任したが、生まれ育ったその緑原町は、莫大な借金をかかえた財政破綻寸前の自治体だった。私腹を肥やそうとする町議会のドン、さらに田舎特有の悪弊・非常識と闘いながら、山崎は町の再生を期して仰天の計画を案出する。それは老人施設を中心にした巨大テーマパークタウンの建設だった……。鋭い社会分析と卓抜のアイデアで評判を呼び、WOWOWでもドラマ化された傑作小説が待望の電子化!高齢化ニッポンに生きる現代人必読の1冊!

    続きを読む
    提供開始日
    2015/02/06
    連載誌/レーベル
    祥伝社文庫
    出版社
    祥伝社
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    3.6
    69
    5
    11
    4
    30
    3
    24
    2
    2
    1
    2
    レビュー投稿
    • ネタバレ
      2013/10/05Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2015/01/19Posted by ブクログ

      団塊の世代が 定年となり、老後をどうするかを
      真剣に 向き合う作品。

      四井商事に働く、山崎部長は 一貫として穀物を担当してきた。
      それが 子会社に 出向するように言われる。
      また 郷里である宮城県の...

      続きを読む
    • 2011/08/25Posted by ブクログ

      お馴染み、大好きな楡さんの小説。
      文庫になるまで待ち切れず、図書館で発見して即読破。

      今回のストーリーは、商社の部長にまでなった主人公が、
      つまらない失敗から子会社に出向になり、
      思い切って...

      続きを読む
    開く

    セーフモード