【最新刊】動物農場

動物農場

著者:ジョージ・オーウェル 訳者:高畠文夫

506円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    一従軍記者としてスペイン戦線に投じた著者が見たものは、スターリン独裁下の欺瞞に満ちた社会主義の実態であった……寓話に仮託し、怒りをこめて、このソビエト的ファシズムを痛撃する。

    続きを読む
    提供開始日
    2015/01/30
    連載誌/レーベル
    角川文庫
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    4.1
    120
    5
    45
    4
    53
    3
    18
    2
    4
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2017/02/20Posted by ブクログ

      笑えて、考えさせられて、絶望的に楽しい。
      血のにじむような、パンクで愉快でダークで知的なドタバタ物語。

      「動物農場」ジョージ・オーウェルさん。



      アメリカ大統領に就任したトランプさんへの不安?...

      続きを読む
    • 2015/12/18Posted by ブクログ

       とある荘園農場で起きた動物達の革命とその顛末を通じ、スターリニズムや全体主義体制に蔓延する欺瞞と恐怖を描き出したジョージ・オーウェルの傑作。擬人化された動物の類型は寓話的でありながら、当時のソビエト...

      続きを読む
    • 2010/10/01Posted by ブクログ

      17.5

      アニマルファーム(日本語訳:動物農場)は、イギリス人作家ジョージ・オーウェルの著作である。1945年の8月に刊行され、イギリスでも売れたがアメリカでは大ヒットになった。寓話という形で、スタ...

      続きを読む
    開く

    セーフモード