【最新刊】エンプティスター

エンプティスター
1冊

著者:大崎善生

691円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

    恋人の七海と別れ、山崎隆二は途方に暮れていた。成人雑誌の編集部も辞め、校正者として無為に過ごす毎日。そんななか、七海の友人で行方不明になっていた風俗嬢の可奈を見たという噂を聞き、山崎は鶯谷へ向かう。彼女には会えなかったが、やがて「助けに来て」とすがりつく電話がかかってきた。山崎は囚われの身となっている可奈を救うため、海を渡った……。透明感あふれる文体で感情の揺れを繊細に綴った、至高の恋愛小説。

    続きを読む
    提供開始日
    2015/01/28
    連載誌/レーベル
    角川文庫
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    2.5
    4
    5
    0
    4
    0
    3
    3
    2
    0
    1
    1
    レビュー投稿
    • ネタバレ
      2018/10/23Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2016/04/04Posted by ブクログ

      なんだこりゃ、としか言いようがない。かなりの大事件に発展しているはずなのに、緊迫感なくだらだらと恋愛しているか、過去の回想をしているか。面倒なへたれのポエムをずーっと聞かされている感じでしんどかった。...

      続きを読む
    • 2015/03/29Posted by ブクログ

      恋愛小説なの?なんだが詩的で哲学っぽい.そして読み終えてから気が付いた.コレ,三部作の完結編!!前作,前々作を読まないと話が繋がらないとか・・・ミスった.
      以下あらすじ(裏表紙より)
      恋人の七海と別れ...

      続きを読む
    開く

    セーフモード