【最新刊】パリ、この愛しい人たち

パリ、この愛しい人たち

雨宮塔子

1,265円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    彼と彼女が教えてくれた、タフでしなやかな生き方。パリ暮らし15年目のエッセイ。二児の母となり奮闘する日々。パリの日常で出会う、忘れ得ぬ情景(シーン)。たくましく美しい女性の生き方、いつまでも艶やかな男女の関係、健気で切ない子どもたち。そんな街と人々から学んだ大切なこと。

    続きを読む
    提供開始日
    2015/01/30
    連載誌/レーベル
    講談社電子文庫

    レビュー

    • 2017/02/05Posted by ブクログ

      雨宮塔子のエッセイは
      海外で頑張る様子をとても素直にハッキリと書いているところに好感が持てるし、
      そうだよね、皆悩みながら前向いて生きてるよね、て気付かせてくれる。

      ただ今回のエッセイは
      今まで読ん...

      続きを読む
    • 2014/09/08Posted by ブクログ

      出会いを中心にぽつぽつ書かれているけれど、著者の思うところもしっかり書かれていて、出会いにすら意味付けしようというパリ気質を感じた。パリの教育に興味が出てきた。

    • 2015/06/03Posted by ブクログ

      雰囲気のある文章で夢中になって読んだ。

      パリで二人の子供を育てながら暮らす生活の出来事を綴ったエッセイ集。

      日常の些細な出来事や周りの人たちを、あるがままにかいているけれど、それが私にとってはドラ...

      続きを読む

    セーフモード