国家と秘密 隠される公文書

久保 亨/瀬畑 源

715円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「財務省と森友、防衛省とPKO日報、都庁と豊洲――解決のカギはすべて本書にある」青木 理氏(ジャーナリスト)/「権力を注視する極意を教える貴重な一冊」加藤陽子氏(東京大学大学院教授)/「ファシズムの足音が聞こえる今、阻止するための盲点がこんな身近にあったとは!」堤 未果氏(ジャーナリスト)情報公開の世界的な流れに逆行! 特定秘密保護法施行で葬られる歴史と責任! 国民の「知る権利」を軽んじ、秘密が横行する権力は必ず暴走する――。第二次世界大戦敗戦直後の軍部による戦争責任資料の焼却指令から福島第一原発事故、南スーダンの自衛隊の日報をめぐる顛末等にいたるまで変わらない、情報を隠し続けて責任を曖昧にする国家の論理。この「無責任の体系」を可能にするものは何か?  本書はその原因が情報公開と公文書の管理体制の不備にあることをわかりやすく説明する。そして、世界の情報公開の流れに完全に逆行した形で、2013年末に可決された特定秘密保護法の問題点と今後を展望する。行政の責任を明確にし、歴史の真相を明らかにするための一冊。【目次】序章 もともと秘密だらけの公文書―情報公開の後進国日本 久保 亨/第一章 捨てられる公文書―日本の公文書管理の歴史 瀬畑 源/第二章 情報公開法と公文書管理法の制定 瀬畑 源/第三章 現代日本の公文書管理の実態と問題点 瀬畑 源/第四章 公文書館の国際比較 久保 亨/第五章 特定秘密保護法と公文書管理 瀬畑 源/おわりに 公文書と共に消されていく行政の責任と歴史の真相 久保 亨・瀬畑 源/付録1 特定秘密の保護に関する法律/付録2 公文書等の管理に関する法律/付録3 行政機関の保有する情報の公開に関する法律

    続きを読む

    レビュー

    • 2017/08/22Posted by ブクログ

      数年前、某国営放送で白洲次郎の生涯を追ったドラマが放映された。
      冒頭、晩年の次郎が手紙や文書を燃やすシーンがある。火にくべる
      文書には「極秘」の文字。

      妻・正子の独白で語られるシーンなのだが、...

      続きを読む
    • 2015/06/21Posted by ブクログ

       日本の行政情報公開と公文書管理の歴史と現況についての解説。欧米諸国はもとより、王朝時代の正史編纂の伝統を有する中国・台湾や、植民地からの民族独立の記録保存に熱心なアジア諸国に比べて、日本の文書保存・...

      続きを読む
    • 2018/04/03Posted by ブクログ

      日本の公文書管理の現状、隠ぺい体質といったものがよくわかる入門書。さもありなんという状況がこれでもか、というくらい書かれている。

    開く

    セーフモード