【最新刊】SWIFTのすべて

SWIFTのすべて

1冊

著:中島真志

3,483円(税込)
1%獲得

34pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。国際的な銀行・証券の決済・通信ネットワークをもち、日本でも260以上の金融機関が参加しているSWIFTについて、役割・歴史から実務まですべてを解説。金融関係者必読の1冊。【主な内容】序文はじめに第1章SWIFTとは第2章SWIFTの設立と発展の経緯第3章SWIFTの参加資格とガバナンス第4章SWIFTのネットワークとアクセス方法第5章SWIFTのメッセージング・サービス第6章SWIFTのメッセージ標準第7章SWIFTメッセージに使われるコード第8章SWIFTソリューション第9章事業法人によるSWIFTへのアクセス第10章日本の金融機関のSWIFT利用状況第11章SWIFTのセキュリティ第12章市場インフラにおけるSWIFTの利用第13章SWIFTと標準化第14章SWIFTに対する規制・監督第15章SWIFTの新しい動きおわりに参考文献SWIFT関係の略語リストSWIFT関連のウェブサイト

    続きを読む
    ページ数
    374ページ
    提供開始日
    2015/01/30

    レビュー

    4.5
    2
    5
    1
    4
    1
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2018/09/08Posted by ブクログ

      20180712
      SWIFTの仕組みから利用状況まで概観できる。
      今後のMXメッセージへの移行について知識を得た。ISO20022に移行していっている。


      SWIFTのハンドブックの日本語版であるた...

      続きを読む
    • 2017/12/20Posted by ブクログ

      すべてシリーズ (おれ命名) で有名な著者による、SWIFTの組織およびシステム・技術に関する解説書。
      内容は詳しく書かれており参考になったが、暗号技術のところの記述はちょっと甘い。

    • 2010/06/21Posted by ブクログ

      金融サービスに配属になって読んだ本。

      ""金融""といっても様々な分野があるなか、IT出身の私的にはSWIFTの仕組みは非常に分かりやすく、自身の武器にならないかと思い、チームメンバーの薦めもあって...

      続きを読む

    セーフモード