【最新刊】断固として進め

断固として進め

1冊

著:江上剛

737円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    人類の存亡をかけたエボラ出血熱との闘いが続くなか、富士フイルムの薬剤が全世界から注目を浴びた。果敢な経営を続ける同社はしかし、今世紀に入り本業消失という未曾有(みぞう)の危機に陥っていた。窮地に抗して未経験の化粧品開発に挑み、大ヒットを生んだ経緯をモデルに、社員たちの不屈の奮闘を描く迫力ビジネス小説。変われる者だけが生き残る。全ビジネスマンが今なすべきことがここに!

    続きを読む
    提供開始日
    2015/01/30
    連載誌/レーベル
    徳間文庫
    出版社
    徳間書店
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    4
    2
    5
    0
    4
    2
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2015/08/06Posted by ブクログ

      ノンフィクションを登場人物や企業名を変更してフィクションとして書き上げた作品
      富士フィルムが化粧品事業(ヘルスケア事業)に乗り出した際の苦難やリスクを取っていくところに非常に興味を引かれた。
      同じ製造...

      続きを読む
    • 2015/06/25Posted by ブクログ

      富士フィルムをモデルにした会社を舞台にした小説。実際の富士フィルムでもこんな感じだったのだろうか。化粧品は興味なかったけど、ちょっと気になった。それにしても、化粧って本当、大変なんだなぁ。自分が女だっ...

      続きを読む
    • 2015/04/18Posted by ブクログ

      出てくる社名は架空だが、富士フィルムがモデルなのはすぐわかる。
      まさに奇跡の業態転換。フィルム屋が化粧品って誰が想像しただろう・・・

    開く

    セーフモード