仕事は8割捨てていい(大和出版) インバスケット式「選択と集中」の技術

著:鳥原隆志

1,199円(税込)
1%獲得

11pt(1%)内訳を見る

惰性の仕事、つまらない見栄、不毛の付き合い、相手の都合、過去へのこだわり……等々。――これらに、あなたは、まだムダに時間を費やしますか?あれこれ背負い込んでアップアップ、がんばっているのに成果が出ない人に、何を捨て何に集中するべきかの“判断基準”を説く。行動力・判断力を育むツール「インバスケット」で「時間はない、仕事は山積み」から抜け出す方法

続きを読む

レビュー

3.5
6
5
0
4
4
3
1
2
1
1
0
レビュー投稿
  • 2019/06/12Posted by ブクログ

    捨てないと、新しいものが得られないんです。
    でも、捨てちゃいけないものもあるんです、それは自分自身。

  • 2019/05/12Posted by ブクログ

    願望の仕事を捨て、必要な仕事=未来の仕事に注力する。
    「いつか使うから取っておこう」は公私ともに陥りがちな考え方。生まれた時間には計画と実践が必要。「自分はこうあるべき」という自己像だけではなく、周囲...

    続きを読む
  • 2018/08/14Posted by ブクログ

    ざっと振り返っての感想なので、本の内容そのままとは違います。中堅管理職なんかは、捨てるものが多そうなので、頭の片隅に置いておいて損はないと思います。
    そして、本文と並行するストーリーも現実にありそうな...

    続きを読む
開く

セーフモード