淀川河川敷 ナニワ金融道青木雄二の傑作漫画集「矛と盾」前編

青木雄二/青木雄二プロダクション

429円(税込)
1%獲得

4pt(1%)内訳を見る

    読み切り3編+各作品についての著者解説!<本文「はじめに」より>庶民が一億円の現金を貯めようとすれば、一生飲まず食わずで倹約しなければならない。つまり、ほとんど毎日ひどい貧乏生活を強いられるということや。貧乏をしたくないから金持ちになりたいのに、その目的のために一番したくない貧乏をしなければならないというのは、大いなる矛盾や。この矛盾のために、庶民は株やら商品先物やらに手を出してしまうんや。より追いつめられれば、犯罪にすら手を染めてしまうんや。なぜ、自分の労働で得た賃金だけで満足できないかという疑問なんやが、それは今の現実が不満やからや。社会が不完全と感じられ理不尽と感じられるところには、きっと矛盾がある。僕の漫画の根底には、庶民が感じているそういった不安や不満が流れているんや。<目次>●淀川河川敷自作解説「持たざる者の悲哀を考えながら描いた」●悲しき友情自作解説「描きたいものを描くという条件で引き受けたんや」●ローカル線自作解説「環境によって人は変わるんや」●コラム:漫画家成功物語前編「週刊連載を続けるのは、ほんまに大変や」<著者>青木雄二(あおきゆうじ)1945年、京都生まれ。某工業高校の土木科を卒業。30種類以上の職を渡り歩きながら、暇を見つけては漫画を描き、出版社に投稿。後に累計一千万部の大ヒット作品『ナニワ金融道』の原型となった。巨額の富を手にするも、自らの信念に従い、頂点で漫画家を卒業。「いかに貧しき人々を裕福にするか」の研究を続けていたが、2003年肺ガンで逝去

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード