愛だというには切なくて

中原一也/奈良千春

770円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

俺がずっと側にいてやるよ坂下の診療所にある男がやってくる。その男は、坂下と斑目のよき友・双葉に二度と思い出したくない過去を呼び込むのだが…。『愛してないと云ってくれ』シリーズ第四弾!日雇い労働者の集まる街で診療所を営む坂下は、ボランティアまがいの診療のため常に貧乏で貯金通帳と睨めっこの生活。そんな坂下の恋人・斑目は、伝説の外科医にして街の男たちの中心的存在だ。あいも変わらず坂下へのセクハラに余念のない斑目とその悪友・双葉を叱っていたある日、診療所に若い男がやってくる。不機嫌そうな態度を隠しもせず、周りはすべて敵といわんばかりのその男・小田切は、坂下や斑目も知らない双葉の過去に関係があるようで…。

続きを読む
  • 愛してないと云ってくれ 全 6 冊

    未購入の巻をまとめて購入

    愛してないと云ってくれ 全 6 冊

    4,620円(税込)
    46pt獲得
新刊を予約購入する

レビュー

レビューコメント(4件)
  • 2012/04/24

    「愛してないと云ってくれ」
           ⇓
    「愛しているにもほどがある」
           ⇓
    「愛されすぎだというけれど」
           ⇓
    「愛だというには切なくて」←

    Posted by ブクログ
  • 2012/04/28

    ふらりとやってきた不機嫌さを露にした男、小田切が謎だった双葉の過去に関係があるようです。
    おセンチな内容でした。
    いつも笑顔で明るい双葉の過去が分かったり、思いもしなかった事があったり、そして別れもあ...

    続きを読む
    Posted by ブクログ
  • 2015/07/20

    シリーズ4冊目、なのかな?前3冊は、読んだと思う。読んだハズ……って、いやぁ、内容を覚えていなくて(汗)。今回の内容も、もうすでに忘却の海へ片足を突っ込みつつ(汗)。
    なら、読まなきゃよかったか?と言...

    続きを読む
    Posted by ブクログ
他のレビューをもっと見る

セーフモード