【最新刊】奇蹟

奇蹟

1冊

中上健次

1,320円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    金色の小鳥が舞い、夏芙蓉の花が咲き乱れる紀州・新宮の路地。歌舞音曲に現を抜かし若死にするという七代にわたり仏の因果を背負った、淫蕩の血に澱む一統・中本。「闘いの性」に生まれついた極道タイチの短く苛烈な生涯が、老産婆オリュウノオバ、アル中のトモノオジにより幻惑的に語られる。人間の生と死、その罪と罰を問うた崇高な世界文学。

    続きを読む
    提供開始日
    2015/01/27
    出版社
    河出書房新社
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    0
    0
    5
    0
    4
    0
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2015/01/10Posted by ブクログ

      中上健次が歴史的に引き受けてきた日本の土着性を、最高純度まで高めた結果として、語りのマントルとでも言うべき領域に達した作品。あるいは「日本」という国号を持ち出すことも不適切なのではないかと思えるような...

      続きを読む
    • 2015/01/08Posted by ブクログ

      中上健次を初めて読んだ。
      これまで読んでいなかった理由は特に無いのだが(敢えて言うなら機会を逸した?)、何でもっと早く読まなかったんだろう……。
      語り口は南米文学を彷彿とさせるマジック・リアリズムで、...

      続きを読む
    • 2014/12/12Posted by ブクログ

      金色の小鳥が群れ夏芙蓉の花咲き乱れる路地。高貴にして淫蕩の血に澱んだ仏の因果を背負う一統で、「闘いの性」に生まれついた極道タイチの短い生涯。人間の生と死、その罪と罰が語られた崇高な世界文学。

    セーフモード