失敗談

外山滋比古

1,144円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    天皇陛下の執刀医、天野篤先生は受験に3回失敗して、名医となった。外山滋比古も、受験に2度失敗して、英文学者として大成した。人生は不思議なもので、失敗の多い人間ほど、魅力的になっていく。入学試験、入社試験、資格試験に失敗してしまった人たちこそ、将来の日本の人材である。90歳の大家が躊躇しながらも初めて明かす失敗の数々をつづる、書き下ろしエッセイ集。

    続きを読む

    レビュー

    • 2013/10/31Posted by ブクログ

      私たち大人になった世代だと、外山先生の文章を全く読まずに高校生・
      大学生になった者は少ないと思う。
      現役の学生さんは、この方のご著書に、一部分でも触れることは
      あるのだろうか。

      かつて教科書で拝読し...

      続きを読む
    • 2014/03/17Posted by ブクログ

      自分自身の失敗は数知れず…。なんであんなこと言ったんだろう…あのときああすれば…と思い返しては反省するばかり。本書を読むと、失敗を嘆くのではなく、良い方向に進める一歩と思えて、どれも心温まるエッセイで...

      続きを読む
    • 2014/07/27Posted by ブクログ

      「失敗」という概念を根本から見つめ、多くの日本人が持つマイナスイメージを取り除くことができるの本。
      「失敗」を経て「成功」を掴み取りたいあなたへ。

    開く
    [{"item_id":"A000443688","price":"1144"}]

    セーフモード