おかえり、またあえたね

石井光太/櫻井敦子

880円(税込)

購入へ進む

カゴに追加

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    世界の貧困現場を取材してきたノンフィクション作家石井光太が,ストリートチルドレンの生活と現実を物語化。貧困の中で,子どもたちはどのように生きているのか?

    続きを読む

    レビュー

    4
    7
    5
    2
    4
    3
    3
    2
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2014/06/09Posted by ブクログ

      ところどころにある、著者のメッセージが重い。
      著者の他のドキュメンタリーを読むと、この絵本には
      著者のエッセンスが詰め込まれているんだなと思う。
      他の本へ行くキッカケにも良いかなと感じた。
      幅広い世代...

      続きを読む
    • 2014/03/19Posted by ブクログ

      主人公は信念を持って生き、幸運もあって生き延びることができた。だから主人公となり得た。また、道徳心の基礎は小学一年生位(に見える)生きていたおばあちゃんに教えられたから、善を貫くことができた。それ以前...

      続きを読む
    • 2012/11/08Posted by ブクログ

      世界ではまだまだ悲惨なできごとを子どもたちをとりまいているのだなと改めて感じさせられた。自分の子どもに読ませるために購入したのだが、大人も考えさせられる絵本であった。

    開く

    セーフモード