レッド 最後の60日 そしてあさま山荘へ 1巻

山本直樹

648円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

    あの連合赤軍事件をモチーフに、1972年2月のあさま山荘事件へ向かう当事者達最後の60日を、山本直樹が徹底した取材を基に丹念に描く。第1巻では、1972年1月3日までの山岳ベースにおける総括要求、仲間内のリンチ、そしてメンバー二人の壮絶な“敗北死”が描かれる。山岳という閉鎖空間に集った若者たちの自己正当化と、思考停止。他人事ではない、すべての組織が抱える闇。組織に属する者、束ねる者必読!

    続きを読む
    • レッド 最後の60日 そしてあさま山荘へ 全 4 巻

      未購入巻をまとめて購入

      レッド 最後の60日 そしてあさま山荘へ 全 4 巻

      2,592円(税込)
      25pt獲得

    レビュー

    4.5
    2
    5
    1
    4
    1
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2018/06/12Posted by ブクログ

      「甘えるな!」という言葉が飛び交い、総括を強要する(「援助する」という名目で暴行する)ことにもはや疑問を抱かなくなりつつある赤色連盟。この革命者組織のヤバいところは結局「頭が良く口達者な者が指導的な立...

      続きを読む
    • 2016/12/09Posted by ブクログ

      1971年、日本で革命を目指す赤色軍と革命者連盟は統合し赤色連盟を結成する。
      赤色連盟は榛名山へ合同軍事訓練のため集結するが、
      そこで行われたのは「総括」という自己批判、相互批判の応酬であった。
      「総...

      続きを読む
    • 2015/03/03Posted by ブクログ

      ひたすら山岳ベースでの総括が描かれる鬼気迫る作品。これは革命戦士になるために,避けては通れない試練なのだ。それほど遠くない過去にこんな狂気があったというのは,ある意味太平洋戦争よりも戦慄の事実かも知れ...

      続きを読む

    セーフモード