【最新刊】バブル獄中記

バブル獄中記

著:長田庄一

606円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    焼け野原となった戦後の東京で裸一貫から貸金業を立ち上げ、一代で銀行を築くが、バブルに飲まれ経営破綻。見せかけ増資の疑いで逮捕、百十日間にわたって勾留される。欲望と打算が渦巻き魑魅魍魎が跋扈する世界を生きた男が、東京拘置所の狭い房で人生を振り返る。無学・無一文から成り上がった金融界の風雲児、不屈の精神をここに記す。

    続きを読む
    提供開始日
    2015/01/23
    連載誌/レーベル
    幻冬舎アウトロー文庫

    レビュー

    レビューコメント
    • バブル獄中記

      著者は身一つの復員兵から貸金業で成り上がり、銀行まで築き上げるもバブルで経営破綻、見せかけ増資で逮捕された。本書はその110日間の勾留日記。彼を支えてきたのは戦争の激烈な体験であり、戦争に鍛えられた人...

      続きを読む
    • バブル獄中記

      バブルで破綻した東京相和銀行の会長、長田庄一の拘置所日記。本書は彼が罪に問われた見せかけ増資の核心に迫るものではない。一代でトップクラスの第二地銀を育て上げた男の心胆とアクを味わう本だ。当然”読まれる...

      続きを読む
    • バブル獄中記

      バブルで破綻した東京相互銀行。その破綻時の犯行として東京拘置所に留置された著者。一大で銀行を築き上げ、執行猶予で幕を閉じるまでの日記。

    • バブル獄中記

      いろいろ毀誉褒貶言われた人物ですが、腹が据わった人生観を持ってたことがよく解ります。記された何気ない一言一言に、生きた証が垣間見えます。78歳にして、この感覚には正直驚かされます。なかなか味わえない感...

      続きを読む
    • バブル獄中記

      著者のそれまでのすさまじい人生の一端を垣間見る一方、拘置所に拘留された110日間あまりの状況について克明に語られている。検事との壮絶なやりとりからわかるの取り締まりのあり方や、拘留されることによる身体...

      続きを読む

    セーフモード