エントロピーをめぐる冒険 初心者のための統計熱力学

鈴木炎

1,100円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    いったいエントロピーって何なのでしょう?教科書には無味乾燥でとっつきにくい数式が並ぶばかりで、こうした疑問に答えてくれません。ならば、人類がどのようにして自然の中に潜むこの「怪物」を発見したのか、どのような必要に迫られ、どのようなプロセスをたどり、どのようにその姿をあぶりだしていったのかを再現し、追体験してみたら、その正体が見えてくるのではないか?これが本書の主旨です。

    続きを読む

    レビュー

    4.1
    7
    5
    3
    4
    2
    3
    2
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2015/12/21Posted by ブクログ

      熱力学を学習し終え、統計力学を今、学んでいる私にとって、とてもタイムリーで、目から鱗の連続だった。

      人間模様も興味深い。理論的なつながりは分かっても人間的なつながりが分からない場合が多いからだ。

      ...

      続きを読む
    • 2015/01/01Posted by ブクログ

      絶賛したい。
      過剰とも思える表現が全編にあふれている。だが、こういう驚きやトキメキそのものが、科学を志す人にとっては大事になる。そうでなければ、数学や基礎理論の勉強という、とても面倒くさい修行に耐えら...

      続きを読む
    • 2018/10/11Posted by ブクログ

      エントロピーとはなにかを問い求める旅の手引書。乱雑さ。分子の順列組み合わせの総数の桁数。分かったような分からないような気持ち(汗)。再読が必要かな。

    開く
    [{"item_id":"A000442351","price":"1100"}]

    セーフモード