【最新刊】会津に恋して

会津に恋して
1冊

著者:小日向えり

1,512円(税込)
1%獲得

15pt(1%)内訳を見る

    歴ドル・小日向えりが、幕末の会津に生きた新島八重と会津の人々、そして幕末会津藩ゆかりの人々を独自の目線で紹介。来年の大河ドラマに出てくる人達のことが、この一冊でよくわかる!

    続きを読む
    提供開始日
    2015/01/23
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    趣味・実用

    レビュー

    4.3
    3
    5
    1
    4
    2
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2015/01/16Posted by ブクログ

      いつもながら小日向えりさんの本は読みやすいのでありがたい。私のように微妙にわかっててわかってないひとにも読めるように書いてくれています。さらに、「イケメン幕末史」にも掲載されていた方でも、取り上げられ...

      続きを読む
    • 2013/05/22Posted by ブクログ

      「会津に恋して」。
      このタイトルに惹かれて読み始める。
      福島は隣県、小学校時分から「白虎隊」のことも
      知っていたし、小学校時、そこの歴史探訪(飯盛山を含む)をした記憶も
      残っている。(「記憶の書き換え...

      続きを読む
    • 2012/11/26Posted by ブクログ

      幕末の会津藩に関わる25人の人物群像。
      著者の思い入れが伝わって来る。
      来年の大河ドラマ「八重の桜」を見る前に読んでおくといいと思う。

    セーフモード