デラシネマ 1巻

完結

星野泰視

648円(税込)
ポイント 6pt

通常ポイント:6pt

映画が娯楽の王様だった時代、そのてっぺんを目指すデラシネ(根無し草)がいた。助監督と大部屋俳優、2人の夢と野望が新たな「映画(シャシン)」を創り出す!――昭和28年。黄金時代の日本映画界で底辺からてっぺんを目指す2人の男がいた。日映(にちえい)撮影所に所属する大部屋俳優の宮藤武晴(くどうたけはる)とフォース助監督の風間俊一郎(かざましゅんいちろう)。撮影所の伝統と慣習に阻まれながらも、2人は「作り物」ではない「リアル」な映画づくりを目指す!

続きを読む
  • デラシネマ 全 8 巻

    未購入巻をまとめて購入

    デラシネマ 全 8 巻

    5,184円(税込)

レビュー

3.3
6
5
0
4
2
3
4
2
0
1
0
  • ネタバレ
    2014/10/16Posted by ブクログ

    この内容にはネタバレが含まれています
  • 2013/11/30Posted by ブクログ

    題材、進行は熱血ながら今のところありきたり。 ただ、単純にトップを悪役にせず、中間層が腐っていて上層部は優秀、というリアルさは目新しいかも。

  • 2013/06/08Posted by ブクログ

    映画製作の話なので、少しは楽しめかと思ったら、昭和28年のちゃんばら映画全盛時代に、リアルな映画を志向してみんなから総スカンを食う主人公。 それでも泣きの芝居ができない威張ってるだけのベテラン女優の昔...

    続きを読む
もっと見る

セーフモード