そのハラル大丈夫?―週刊東洋経済eビジネス新書No.92

編:週刊東洋経済編集部

200円(税込)
1%獲得

2pt(1%)内訳を見る

    イスラム教の教えに従って生産された食べ物を示す「ハラル」。ハラル食品を提供する店舗や加工食品にはハラル認定マークが表示される。いま日本国内では、ハラルビジネスがカネになるとみて、ハラルマークの認証団体が乱立している。だが、中には怪しげな団体も多く、そうした団体が国益を損ねる可能性も出てきた。何が問題で、そのように対処すべきなのか。ハラル市場をめぐる動きを追った。本誌は『週刊東洋経済』2014年7月12日号掲載記事や「東洋経済オンライン」掲載記事の加筆に加え、書き下ろし記事も含めて電子化したものです。●●目次●●そのハラル、大丈夫?マーク認証団体が乱立増殖するハラルレストランが背負うジレンマブルボン「プチ」が巻き込まれたハラル騒動ニセモノハラルが蔓延する「観光立国」の瀬戸際ムスリムが日本で最も困ることなぜかヨックモックが中東でバカ売れに!

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード