金貸しから物書きまで

広小路尚祈 著

660円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「清美、幸平、とうさんは死ねる。今日も一日、元気で死ねる」職場という地獄に毎朝死ぬ思いで飛び込んできたおれだが、過酷なノルマと上司の横暴にいよいよ耐えきれなくなり……。妻子はあれど、学歴も根性も甲斐性もない。行き場を失ったおれが最後に見出した、思いもよらない活路とは。貸金業の舞台裏と、追い込まれた者の悲哀。人生のどん詰まりをリアルに活写して、なぜだか妙に笑わせる、断然オリジナルな長編小説。

    続きを読む

    レビュー

    • 2018/02/17Posted by ブクログ

      笑えた。こりゃ完全に著者の実体験がふんだんに詰まってるな。読んでいる最中、名古屋の飲み会でご一緒させてもらった時の、あの何とも優しげでロックでろくでなしの顔が何度も浮かんで来た。そして読了後はおかき2...

      続きを読む

    セーフモード