上海ファクター

チャールズ・マッキャリー/府川由美恵

814円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    アメリカ情報部によって上海に送りこまれたおれは、特に任務もなく恋人と平安かつ怠惰な日々を過ごしていた。ところがたまたま紹介された中国企業に入社したことから微妙な立場に立つ。その会社は中国情報部の隠れ蓑だったのだ。諜報界の谷間に落ちた男の運命は?スパイ小説のベテランが描く現代諜報戦の裏側

    続きを読む

    レビュー

    • 2015/01/13Posted by ブクログ

      この本を読み始めてから007を観直したくなり 他のスパイ映画に手を出してみたいと思った
      翻訳小説を読むのが初めてで読み始めは抵抗があったものの簡潔な文章に次第に魅力を感じた
      長い間主人公(""おれ""...

      続きを読む
    • 2015/05/01Posted by ブクログ

      スパイってこんなにサラリーマンっぽいのね、と思わせる小説。

      靴なしで靴を買いに行くのは簡単なことではない。と俺が今まで思ってた事が書いてあった。

    • 2015/03/20Posted by ブクログ

      虚像の世界の中で、何が真実か判断できない。しかし、そもそも何が言いたいのか、ストーリー性が、感じられない本でした。

    セーフモード