プリニウス 7巻

ヤマザキマリ/とり・みき

682円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

突如巻き起こった業火に包まれたローマ。それは帝都の守護神・ユピテルの怒りか、それとも反皇帝陣営の陰謀か、異教徒の仕業か。大半が焼け跡と化した市街をよそに、新たな豪華宮殿の建設を目論むネロ。側近や民衆の心は急速に離れていく。一方、アフリカの砂漠を旅するプリニウス一行は、ギザの大ピラミッドに到着。迷路やミイラ、ワニに翻弄されながらも窮地を脱する。ネロ暗殺計画も勃発し、風雲急を告げる帝都と皇帝の明日はどっちだ!?

続きを読む
  • プリニウス 全 10 巻

    未購入の巻をまとめて購入

    プリニウス 全 10 巻

    6,457円(税込)
    64pt獲得
  • 次の最新刊から発売日に自動購入

    この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
    自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

レビュー

  • 2018/07/16Posted by ブクログ

    順調に歴史的事実を回収しながら、物語が進んでいる。この時代を描くなら、ローマ大火は一つのハイライト(絵的にも)。人物や、建築物、風俗など、最近の考証に基づいて、歴史の教科書に出来そうな感じ。ローマ街の...

    続きを読む
  • 2018/07/16Posted by ブクログ

    ローマ、エジプトが目白押し!特にエジプトの方はインディー・ジョーンズみたいで面白かった!まだまだ色々な場所が出てくるらしいので次巻が楽しみ!

  • 2018/07/11Posted by ブクログ

    ローマの大火、ネロは避難所設置や食料供給など対策を打つも逆に民衆からは放火犯と噂される始末。プリニウスはローマの大火を知るも、マイペースにピラミッドなどに寄りつつ、危うく殺されかけるも難を逃れ、一路ア...

    続きを読む
開く

セーフモード