プリニウス 5巻

ヤマザキマリ/とり・みき

682円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

謎の風来坊・ラルキウスの冒険譚に好奇心を刺激されたプリニウスは、居ても立ってもいられず、未開の大地・アフリカへの旅を決意。大地震からの復興を急ぐポンペイを後にして、一行は船上の人となる。しかし、嵐に見舞われて地中海は大荒れ。遭遇した不穏な難破船には、正体不明のカラス使いの子供が……。ようやく辿り着いた島では、一行を歓迎するかのごとく、火山が盛大に噴煙を巻き上げる――。いざ新しい冒険の始まりへ、待望の第5巻!

続きを読む
  • プリニウス 全 10 巻

    未購入の巻をまとめて購入

    プリニウス 全 10 巻

    6,457円(税込)
    64pt獲得
  • 次の最新刊から発売日に自動購入

    この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
    自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

レビュー

  • 2019/04/23Posted by ブクログ

    火山の噴火や地震、津波など、日本との共通性がまじまざと感じられる。特に東日本大震災や津波の被害、熊本の震災や西日本豪雨での被害など、記憶に新しいため、この自然の力に興奮するプリニウスの気持ちがわかる。

  • 2017/02/11Posted by ブクログ

    マグネットの語源って地名なの?!な、第5巻。プリニウス一行の旅のスケールが凄い。大冒険!って感じでした。次巻はもう少し人間関係がドロドロするって……想像がつかない。

  • 2017/02/11Posted by ブクログ

    アフリカを旅した男から聞いた話に触発され、急遽アフリカに向かうことにしたプリニウス。ポンペイの有力者の紹介で船に乗り込んだが…。火山島での噴火との遭遇、カラス使いの海の民の子供、ウミウサギをはじめとし...

    続きを読む
開く
[{"item_id":"A001717158","price":"682"}]

セーフモード