必笑小咄のテクニック

米原万里

671円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    佐藤優氏推薦! 短くて人を笑わせる話―単にネタを暗記するのではなく、笑いの構造を理解すれば、臨機応変・自由自在に小咄を創り出せる。本書では、日本人離れしたユーモアセンスの持ち主である著者が、世間に流布する笑いの法則を突き止めて分類し、自作も含めて豊富な例をあげながら、笑いの本質に迫る。詐欺にも似た、相手を錯覚させる方法、同じ内容の順番を変えるだけで悲劇が喜劇になる方法、マクロとミクロを反転させる方法など、思いがけないオチをつけるテクニックをマスターして、窮地に立ったときこそ、周囲に笑いを呼び込もう!【目次】第一章 詐欺の手口/第二章 悲劇喜劇も紙一重/第三章 動物と子どもには勝てない/第四章 お株を奪って反撃/第五章 木を見せてから森を見せる/第六章 神様は三がお好き/第七章 誇張と矮小化/第八章 絶体絶命の効用/第九章 言わぬが花/第十章 悪魔は細部に宿る/第十一章 権威は笑いの放牧場/第十二章 耳を傾けさせてこその小咄/あとがき

    続きを読む

    レビュー

    • 2012/10/22Posted by ブクログ

      制作の勉強に。

      笑いについて、方法論的に整理して考えることの必要性は感じていた。

      ・予想していた展開と実際のオチとの落差が、笑いになる。
      (そこを大きくする努力をしないと笑えない)

      →落とすため...

      続きを読む
    • 2010/01/08Posted by ブクログ

      私の話にオチがないのは、
      自他共に認めるところ。
      それを克服し、且つ楽しめるという本書は
      私にとって好都合。
      練習問題までついているのだから。


      あとがきに著者が述べていることから考えると...

      続きを読む
    • 2007/09/29Posted by ブクログ

      おーもーしーろーいっ!!!かねてから、米原さんのエッセイとかでは小咄話がでてきてたけどこういう風にジャンル分けすると、おもしろさ爆発。最後の練習問題は、頭をひねってひねって楽しかった。1番おもしろかっ...

      続きを読む
    開く

    セーフモード