新選組 幕末の青嵐

木内昇

810円(税込)
1%獲得

8pt(1%)内訳を見る

    身分をのりこえたい、剣を極めたい、世間から認められたい――京都警護という名目のもとに結成された新選組だが、思いはそれぞれ異なっていた。土方歳三、近藤勇、沖田総司、永倉新八、斎藤一……。ひとりひとりの人物にスポットをあてることによって、隊の全体像を鮮やかに描き出す。迷ったり、悩んだり、特別ではないふつうの若者たちがそこにいる。切なくもさわやかな新選組小説の最高傑作。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード