オリガ・モリソヴナの反語法

31%獲得

米原万里

756円(税込)
31%獲得

226円相当(30%)7pt(1%)内訳を見る

PayPayの特典は、PayPayボーナスライトが付与されます。一部は後日付与です。譲渡できません。有効期限は処理日から60日です。利用するにはYahoo! JAPAN IDとPayPayアカウントの連携が必要です。その他注意点はこちらをご確認ください。

1960年、チェコのプラハ・ソビエト学校に入った志摩は、舞踊教師オリガ・モリソヴナに魅了された。老女だが踊りは天才的。彼女が濁声で「美の極致!」と叫んだら、それは強烈な罵倒。だが、その行動には謎も多かった。あれから30数年、翻訳者となった志摩はモスクワに赴きオリガの半生を辿る。苛酷なスターリン時代を、伝説の踊子はどう生き抜いたのか。感動の長編小説。第13回Bunkamuraドゥマゴ文学賞受賞作。

続きを読む

レビュー

レビューはありません。

レビュー投稿

セーフモード