【最新刊】旅の途中にいる君は

旅の途中にいる君は

榊花月/陵クミコ

628円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

「超PayPay祭キャンペーン」で獲得予定のボーナスの一部については内訳に表示されません。購入完了後PayPayアプリ取引履歴とebookjapanの購入完了メールを合わせてご確認ください。詳しくはこちら

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

真渕未雲は恋人の津久井に突然失踪されてしまった。未雲が津久井を探していると聞いて、津久井の友人・積田隼介がやってくる。どこか?みどころがなくクールな津久井とは対照的に大らかで包容力のある積田は、津久井の故郷に向かう未雲に強引についてきてしまい、奇妙なふたり旅が始まった。どうも積田は津久井の事情を知っているようで……?【おことわり】電子書籍版には、紙版に収録されている口絵・挿絵は収録されていません。イラストは表紙のみの収録となります。ご了承ください。

続きを読む

本作品には、一部過激な表現・描写が含まれていますので、ご購入はご自身の判断と責任において行ってください。

提供開始日
2015/01/09
連載誌/レーベル
幻冬舎ルチル文庫

レビュー

レビューコメント(2件)
  • 旅の途中にいる君は2013/08/23Posted by ブクログ

    はじめの方、読みづらいなぁ~って思ったんですが、読み終わったら映画を見ているようだったなぁと思いました。
    「旅の途中にいる君は」・・・タイトルもなんか映画っぽくないですか(笑)?

    いなくなった人だか...

    続きを読む
  • 旅の途中にいる君は2020/01/29Posted by ブクログ

    未雲は何で、津久井のことが好きだったんだろう。一緒にいるときもいつも不安そうで、幸せいっぱいには見えなかったのに。と思ってしまった。それに比べ、積田と一緒にいるときは、感情豊か。イライラすることもある...

    続きを読む

セーフモード