【最新刊】【電子限定おまけ付き】 覇者のたくらみ

たくらみシリーズ

愁堂れな/角田緑

660円(税込)

最新刊を購入

カゴに追加

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

【イラスト付き】元刑事で現在は関東一の勢力を持つ菱沼組組長・櫻内玲二の愛人兼ボディガードの高沢裕之は、櫻内への愛を自覚しつつあった。櫻内から求められる『姐さん』の役割を果たせるのか悩む高沢を伴い、櫻内は日本最大規模の岡村組組長八木沼のもとを訪れる。八木沼の『姐さん』である志津乃に、『姐さん』としての心構えを聞けばいいと告げる櫻内。志津乃からアドバイスを受けたのち、今は八木沼に世話になっている三室を訪れた高沢は!? 電子限定書き下ろしSSを収録!!

続きを読む

本作品には、一部過激な表現・描写が含まれていますので、ご購入はご自身の判断と責任において行ってください。

提供開始日
2020/12/17
連載誌/レーベル
幻冬舎ルチル文庫
  • たくらみシリーズ 全 12 巻

    未購入の巻をまとめて購入

    たくらみシリーズ 全 12 巻

    7,664円(税込)
    76pt獲得

レビュー

  • たくらみの嘘2014/10/02Posted by ブクログ

    このシリーズは、愁堂作品の中でも、特に好きなシリーズ。

    櫻内が本当に信じているのは誰か、私はちゃんとわかっていますが(笑)、自分の評価が低い高沢が悶々としているのがかわいそう・・・でもかわいくてしょ...

    続きを読む
  • やむなきたくらみ2018/11/02Posted by ブクログ

    あぁやっぱり・・・というところで「つづく」となってしまった。


    どうなっていくのか想像もできないけど、すごく心配(いろいろね)だけど、このシリーズは大好きなままだ。

    次巻が待ち遠しい!

  • たくらみは美しき...2012/02/25Posted by ブクログ

    BL小説を読み始めるきっかけになったシリーズ。個人的に思い入れがあり文庫本での復刊嬉しいです。「よせ」ってセリフが頻繁に出てくるけれど関西人はあまり言わない?ので新鮮に感じたりもしたなぁ。

開く

セーフモード