「棲み分け」の世界史 欧米はなぜ覇権を握ったのか

下田淳(著)

1,078円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    何がサイエンスと資本主義を生んだのか封建制と人口の分布―そのダイナミックな展開を解く!かつて文明に程遠い周縁の地であったヨーロッパが武力によって世界を支配して以降、国際秩序に変化はない。彼らの飛躍的発展を可能にしたものは何か?フランク王国の統治システムから産業革命までを分析してヨーロッパ・アメリカ独特の行動特性をえぐり出し、そのダイナミックな展開として八世紀以降の歴史を描きなおす。初期条件としての封建制と人口分散が資本主義とサイエンスに与えた影響を解明して、歴史の基本構造を明快にとらえる挑戦的な試み![目次]序章棲み分けとは何か第一章ヨーロッパの古代第二章封建制と人口分散第三章サイエンスの誕生第四章貨幣関係のネットワーク第五章ソ連と日本第六章キリスト教の変質第七章ナショナリズムの隆盛と時計の発達第八章ナチスとアメリカの人種差別第九章ロシアとEUのゆくえ終章サイエンス・資本主義・能動的棲み分け

    続きを読む

    レビュー

    • 2018/11/04Posted by ブクログ

      ・サイエンスは時に人類に制御不能なのものをつくってしまう。それでもサイエンスは自己増殖することをやめることができない。資本主義と連動しているからである
      ・もともとユダヤ教は現世信仰。イエス・キリストの...

      続きを読む
    • 2014/12/13Posted by ブクログ

      著者の本は偶然二冊目であるが、着目点が他と異なる事が多く、細かい事を考えなければ面白く読める。
      強引な解釈も、根拠が不明確な断定も、「なぜなのかは不明である」と感性的な自説を展開するところもニヤニヤし...

      続きを読む
    • 2015/02/05Posted by ブクログ

      ヨーロッパ文明を「棲み分け」で読み解く試みで、切り口がとてもおもしろかったです。聖と俗の問題の棲み分けの問題は、かなり説得力があります。ただ日本も近世以前は、聖と俗は棲み分けられていました。これは、著...

      続きを読む
    開く

    セーフモード