【最新刊】孫正義の参謀―ソフトバンク社長室長3000日

孫正義の参謀―ソフトバンク社長室長3000日

1冊

著:嶋聡

1,467円(税込)
1%獲得

14pt(1%)内訳を見る

    ボーダフォン買収に続く「光の道論争」、東日本大震災から始まった「自然エネルギーへの挑戦」、スプリント買収による「アメリカ市場への大躍進」といった大舞台の数々で、稀代の経営者・孫正義は、そのとき何を決断し、行動したのか?衆議院議員からビジネス界に転じ、ソフトバンクの社長室長となった著者が、孫正義と疾駆した8年間3000日にわたる激動の「正史」。【主な内容】第1部携帯事業への参入と「光の道」構想ケータイ三分の計/大勝負に賭ける/NTTとの対決/「光の道」構想/光の道、公約へ/光の道、通じず第2部自然エネルギーへの挑戦孫正義、「狂」となる/神の意志あり/ユートピアから現実へ第3部アメリカ市場への大躍進アメリカ市場参入の決断/ワシントン大偵察/ワシントンへ「シェルパ」動く/孫正義、都へ行く/世界へ挑む

    続きを読む
    提供開始日
    2015/01/09

    レビュー

    3.8
    17
    5
    7
    4
    6
    3
    1
    2
    0
    1
    3
    レビュー投稿
    • 2019/01/23Posted by ブクログ

      民主党の3バカ大将の補佐をしていたのは自慢にはならないし、むしろ恥ずべき経歴です。

      入社の経緯も、孫さんが彼をスカウトしたのではなく、彼が落選したときに面識のあった孫さんに直談判で「使ってくれ」とね...

      続きを読む
    • 2018/10/14Posted by ブクログ

      オーディオブックで読了。

      元民主党所属の衆議院議員であった嶋聡氏がソフトバンクで社長室長を勤めた8年間を綴った本。いや、ダイナミックな内容だった。

      ボーダフォン買収からスプリント買収までの、ソフト...

      続きを読む
    • 2018/04/25Posted by ブクログ

      ロビイング、Public Affairsの面で孫正義を支え、ボーダフォン買収、光ファイバー構想、アジアスーパーグリッドやスプリント買収を見届けた元国会議員嶋聡氏の著作。孫社長が次々と掲げる壮大なビジョ...

      続きを読む
    開く

    セーフモード