【最新刊】人生解毒波止場

人生解毒波止場

1冊

著:根本敬

677円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    次々に現われる異形の怪物たち。生ゴミを食らうゴミ屋敷の老婆、悪魔のようにとり憑く巨乳女、包皮を食う究極のマゾヒスト、銀座の画廊で個展を開いた大阪の路上生活者、襲名を約束され特訓中という自称三代目タイガーマスク、警察との阿吽の呼吸を語る前科二十三犯の男……くだらなく醜悪でありながら、無類の面白さを放射する人間エッセイ。

    続きを読む
    提供開始日
    2015/01/09
    連載誌/レーベル
    幻冬舎文庫
    出版社
    幻冬舎
    ジャンル
    エッセイ

    レビュー

    3.6
    5
    5
    1
    4
    2
    3
    1
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2012/09/23Posted by ブクログ

      どんな本なのかは、解説にある作者の言葉が1番良く表している。

      「今の日本は気取った、綺麗な物ばっかりになっちゃったでしょ」「でもそれってかえって毒が溜まるんだよね」
      「それを解毒するような連載にした...

      続きを読む
    • 2012/06/15Posted by ブクログ

      外道、因果者。ダウナー系、アシッド系、電波系。ありとあらゆるアウトローの生態を温かい(笑)目線で捉えたフィールドワーク。リリー・フランキーの「誰も知らない名言集」と共に一家に一冊置いておきたい香ばしさ...

      続きを読む
    • 2011/01/19Posted by ブクログ

      根本敬のエッセイが再び文庫化されたので読んでみたが、もうお腹いっぱいかな。
      所謂「触れてはいけない人」に接触して、その生態を報告するというエッセイ。
      でもね、当時は面白かったかもしれないけど、今で...

      続きを読む
    開く

    セーフモード