七つの会議

著:池井戸潤

864円(税込)
ポイント 8pt

通常ポイント:8pt

トップセールスマンだったエリート課長・坂戸を“パワハラ”で社内委員会に訴えたのは、歳上の万年係長・八角だった―。いったい、坂戸と八角の間に何があったのか?パワハラ委員会での裁定、そして役員会が下した不可解な人事。急転する事態収束のため、役員会が指名したのは、万年二番手に甘んじてきた男、原島であった。どこにでもありそうな中堅メーカー・東京建電とその取引先を舞台に繰り広げられる生きるための戦い。だが、そこには誰も知らない秘密があった。筋書きのない会議がいま、始まる―。“働くこと”の意味に迫る、クライム・ノベル。

続きを読む

レビュー

3.9
418
5
95
4
225
3
95
2
3
1
0
レビュー投稿
  • 2019/06/04Posted by ブクログ

    映像化されるということで購入。
    連続ドラマの前に読んだので、ドラマを見たときには、こんな暗い感じ、シリアスに仕上がるんだなという印象でした。小説で読むと、女子社員の章やエンディングなどでは明るい仕上が...

    続きを読む
  • 2019/05/25Posted by ブクログ

    池井戸氏の著書。
    最初の章から、この人がキーマンというのがわかるが、面白い一冊。相変わらずのスピード感。

  • 2019/05/21Posted by ブクログ

    トップセールスマンだったエリート課長・坂戸を“パワハラ”で社内委員会に訴えたのは、歳上の万年係長・八角だった―。いったい、坂戸と八角の間に何があったのか?パワハラ委員会での裁定、そして役員会が下した不...

    続きを読む
もっと見る

セーフモード