【完結済み】飯盛り侍

飯盛り侍

完結

井川香四郎

671円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    佐嘉龍造寺家の足軽・弥八は、戦の後方支援を担う賄い方として、日々食糧調達に奔走していた。戦に傷ついた仲間にうどんを振る舞う弥八に目を留めた当主・隆信は、自らを満足させる飯を作らねば斬り捨てると言い渡す。傘代わりの鉄鍋を頭に、腰に包丁を差した“飯盛り侍”の一代記、開幕!<文庫書下ろし>

    続きを読む
    提供開始日
    2015/01/09
    連載誌/レーベル
    講談社電子文庫
    • 飯盛り侍 全 4 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      飯盛り侍 全 4 巻

      2,860円(税込)
      28pt獲得

    レビュー

    • 2016/09/22Posted by ブクログ

      『飯盛り侍』第3段。
      九州から上っていく主人公・弥八、ついに大阪に上る。

      飯で足軽を癒し、殿様たちや町衆の争いごとを収め、海賊の心をつかんで危機をくぐりぬけてきた弥八だが、3巻目になって、少々雰囲気...

      続きを読む
    • 2016/09/18Posted by ブクログ

      陣笠代わりに鉄鍋をかぶり、刀代わりに腰に包丁を携えた、『飯盛り侍』弥八の一代記。

      もっと軽めのお話かと思ったら、がっつり戦国時代小説だった。
      弥八の出身が、九州・大村のため、はじまりは九州だ。
      戦国...

      続きを読む
    • 2020/06/19Posted by ブクログ

      面白かったです。
      九州に住んでおきながらあの辺りは何家が治めていたかとかよくわかっていないのですが、それでも分かりやすくするする読みました。
      登場人物たちが生き生きしていて良いです。
      主人公の“飯盛り...

      続きを読む
    開く

    セーフモード