【完結済み】飯盛り侍

飯盛り侍

完結

4冊

井川香四郎

671円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    佐嘉龍造寺家の足軽・弥八は、戦の後方支援を担う賄い方として、日々食糧調達に奔走していた。戦に傷ついた仲間にうどんを振る舞う弥八に目を留めた当主・隆信は、自らを満足させる飯を作らねば斬り捨てると言い渡す。傘代わりの鉄鍋を頭に、腰に包丁を差した“飯盛り侍”の一代記、開幕!<文庫書下ろし>

    続きを読む
    提供開始日
    2015/01/09
    連載誌/レーベル
    講談社電子文庫

    レビュー

    3.5
    2
    5
    0
    4
    1
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • ネタバレ
      2016/09/24Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2016/09/22Posted by ブクログ

      『飯盛り侍』第3段。
      九州から上っていく主人公・弥八、ついに大阪に上る。

      飯で足軽を癒し、殿様たちや町衆の争いごとを収め、海賊の心をつかんで危機をくぐりぬけてきた弥八だが、3巻目になって、少々雰囲気...

      続きを読む
    • 2016/02/19Posted by ブクログ

      本能寺の変の陰謀を知り、遠江頭陀寺城に身を寄せていた弥八を、天下人秀吉は再び台所奉行に召抱える。権力への妄執から次第に病魔に蝕まれていく秀吉の死の床で、弥八はあえて野暮の極みの”すっぽん汁”を献じた。...

      続きを読む
    開く

    セーフモード