【最新刊】ビート―警視庁強行犯係・樋口顕―(新潮文庫)

警視庁強行犯係・樋口顕

今野敏

869円(税込)
1%獲得

8pt(1%)内訳を見る

「超PayPay祭キャンペーン」で獲得予定のボーナスの一部については内訳に表示されません。購入完了後PayPayアプリ取引履歴とebookjapanの購入完了メールを合わせてご確認ください。詳しくはこちら

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    警視庁捜査二課・島崎洋平は震えていた。自分と長男を脅していた銀行員の富岡を殺したのは、次男の英次ではないか、という疑惑を抱いたからだ。ダンスに熱中し、家族と折り合いの悪い息子ではあったが、富岡と接触していたのは事実だ。捜査本部で共にこの事件を追っていた樋口顕は、やがて島崎の覗く深淵に気付く。捜査官と家庭人の狭間で苦悩する男たちを描いた、本格警察小説。

    続きを読む
    提供開始日
    2015/01/02
    連載誌/レーベル
    新潮文庫
    出版社
    新潮社
    ジャンル
    ミステリー
    • 警視庁強行犯係・樋口顕 全 3 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      警視庁強行犯係・樋口顕 全 3 巻

      2,299円(税込)
      22pt獲得

    レビュー

    レビューコメント(207件)
    • ネタバレ
      2021/01/21Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2010/05/17Posted by ブクログ

      単なる警察小説にとどまらず、家族愛を描いたところに本書の特徴がある。ひとたび事件が起これば家庭を顧みず捜査に没頭する警視庁強行犯係・係長(ハンチョウ)樋口顕。そんな夫に愚痴ひとつ言わず内助の功で支える...

      続きを読む
    • 2021/01/19Posted by ブクログ

      樋口顕シリーズ第二弾。ある日、妻が何者かに拉致されてしまい、樋口は氏家とともに単独で捜査に乗り出すことに。

      まったく手がかりのない状態から細い糸を手繰り寄せるように少しづつ事件の真相に、そして妻の居...

      続きを読む
    開く

    セーフモード