【最新刊】遺跡発掘師は笑わない 縄文のニケ

西原無量のレリック・ファイル
9冊

著者:桑原水菜

734円(税込)
ポイント 7pt

通常ポイント:7pt

数多くの縄文遺跡がある長野県諏訪地方。若き天才発掘師・無量はその中の1つ、御座遺跡で発掘を行うことに。だがそこで、過去に祖父が起こした遺物捏造事件の関係者・理恵と再会してしまう。さらに、不気味な文様のついた土器片を発見するが、その文様を見た理恵は“呪いのカエルだ”と激しく動揺し……!?一方、縄文フェスティバルの準備を手伝っていた萌絵は諏訪大社で、古代神を祀る新興宗教の一団と遭遇し、不穏なものを感じていた。その新興宗教には無量の幼なじみ・忍の、鳳雛学院時代の同級生も関わっているらしく──。今度の舞台は信州、諏訪! 文庫書き下ろし、遺跡発掘ミステリ第9弾!

続きを読む

レビュー

3.5
46
5
4
4
18
3
23
2
1
1
0
レビュー投稿
  • 2019/06/18Posted by ブクログ

    前半は読みにくかったです。女主人公が考古学の知識がなくて、
    いまいち好きになれなかったです。無量と忍のコンビだとBLかしら。

  • 2019/06/13Posted by ブクログ

    遺跡発掘師シリーズ⑥

    『玄界灘に面し元寇の島として知られる、長崎県鷹島。その南岸にある海底遺跡の発掘チームに派遣された、天才発掘師・西原無量。蒙古襲来の際に沈んだ、元寇船の調査が目的だ。昔なじみの腐...

    続きを読む
  • 2019/06/13Posted by ブクログ

    遺跡発掘師シリーズ⑤

    『岩手の祖波神社跡で「三本指の右手」に続き「金の薬指」を掘り当てた天才発掘師・西原無量。鬼の墓との言い伝えもあるこの場所には、一体何が秘められているのか。一方「悪路王の首」を祀...

    続きを読む
もっと見る

セーフモード