猫鳴小路のおそろし屋 3 江戸城奇譚

著者:風野真知雄

528円(税込)
1%獲得

5pt(1%)内訳を見る

    江戸の猫鳴小路にて、骨董商〈おそろし屋〉を営む謎めいた女主人のお縁と、用心棒でお庭番の月岡。お縁には、大奥にいた過去があった。同じく骨董好きの将軍・徳川家茂の恩寵を受けていたのだが、その旺盛な好奇心と真贋を見極める才がゆえ江戸城の秘密を知ってしまい、逃げ出してきたのだ――。ついに、江戸の存亡にすら関わる〈おそろし屋〉の曰くが、ある首壺とともに語られる。深遠なる骨董奇譚、感動の完結巻!

    続きを読む

    レビュー

    3
    2
    5
    0
    4
    1
    3
    0
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2016/09/22Posted by ブクログ

       3巻まで来て……正直、もう飽きたというか。
       お縁さんが狙われる理由も、勿体ぶりすぎてて、もうどうでもいいというか。
       最終話が子孫の話だったんで、そこですべての謎が解けるんだろうなぁ、て思って、そ...

      続きを読む
    • 2015/07/10Posted by ブクログ

      ここに出てくる都市伝説的な日本の偉人たちの逸話は、荒唐無稽すぎて苦笑するものや、この巻の「弁慶の下駄」のような目の付け所が面白い新解釈などがあって、たった3巻で終わってしまいましたが其れなりに楽しめま...

      続きを読む
    • 2015/05/01Posted by ブクログ

      猫鳴小路のおそろし屋 完結江戸城(皇居東御苑)、見学に行ってみよう。東京の大きな秘密を私も知ってしまった(笑)将門の首の効力はずーっと続くのかな?

    セーフモード