【最新刊】バッカーノ! 1935-D Luckstreet Boys

バッカーノ!

22冊

著者:成田良悟 イラスト:エナミカツミ

693円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

    ついに始まったカジノパーティー。平穏に終わったかに見えた一日目が過ぎ、いよいよ二日目を迎える──。エニスを浚い、船倉に隔離するルノラータ・ファミリーの雇われディーラー、メルヴィ。メルヴィに怒りを露わにし、本気の勝負に挑むフィーロ。フィーロを憂いつつも敵を見定めるガンドール三兄弟。ガンドールに協力しながら揉め事を待つラッド。ラッドと死闘を繰り広げた因縁を持つシャーネ。シャーネに襲撃され逃げ回るネイダー。そして、ネイダーが世話になった医者の許に現れた巨大な熊とアイザック&ミリア。かくして、それぞれの思惑をよそに運命の渦は荒れ狂う。全ての関係者が集結し、フライング・プッシーフット事件の再来と思われる『馬鹿騒ぎ』が始まる──。そしてヒューイは何かを目論み、静かに街を眺めていた。

    続きを読む
    提供開始日
    2016/10/09
    連載誌/レーベル
    電撃文庫
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    ライトノベル

    レビュー

    3.9
    396
    5
    104
    4
    162
    3
    119
    2
    11
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2018/11/22Posted by ブクログ

      1935年も3作目だが、あとがき通りに、まだまだ動き始めたばかりな印象。
      一体どんなことになるのか、とても楽しみ。
      十八章""彼らは誓いを破らない""は胸が熱くなる名場面。

    • 2018/11/18Posted by ブクログ

      久し振りに読んだバッカーノ。
      前作から間が空き過ぎて、全然覚えてない!
      あとがきによると、1935年はここまでが前フリとのこと。キャラ大集合。
      フィーロにジャグジーにラッドにグラハムにクリストファーが...

      続きを読む
    • 2018/10/09Posted by ブクログ

      うちの奥さんが読むかなと思って買ったのに、「興味なくなった」とか言われて涙目な本扱い。

      多分、よほど暇にならないと読まないはず。

    開く

    セーフモード