【最新刊】ポストモダン建築巡礼

ポストモダン建築巡礼

1冊

著:磯達雄 著:宮沢洋 編:日経アーキテクチュア

2,420円(税込)
1%獲得

24pt(1%)内訳を見る

    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。「バブル建築」とひとくくりにされ、正面から論じられることの少ないポストモダン期の建築。「ポストモダン」が日本を席巻した1975~1995年につくられた有名建築50件の現況を、うんちくたっぷりの文章と初心者目線のイラストでリポートします。「模索期(1975-82年)」、「隆盛期(1983-89年)」、「熟成期(1990-95年)」の3期に分け、時代順に巡ります。旅行記としてもお楽しみください。特別企画として、建築家の隈研吾氏と筆者・磯達雄氏による対談「日本のポストモダン10選」も掲載しています。

    続きを読む
    ページ数
    235ページ
    提供開始日
    2014/12/26
    出版社
    日経BP
    ジャンル
    趣味・実用

    レビュー

    4.1
    6
    5
    1
    4
    5
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2017/01/10Posted by ブクログ

      ポストモダン建築、70-80年代はそれほど興味深くないな、個性が感じられない。90年代からグッとくるの多し。ホテル川久行きたい。

    • 2015/01/22Posted by ブクログ

      写真が少ないと思ったが、
      読み進めると意外とこれ位のバランスが良いと思った。
      イラストと文章、そして写真の配分が絶妙。
      ペラペラと眺めているだけでも何となく面白い。
      一つの建物にも色々ドラマがあるのだ...

      続きを読む
    • 2014/07/02Posted by ブクログ

      建築のポストモダン時代をイラストや写真を用いて解説・特集している。
      今では考えられないバブルの建物ばかり。
      そのゴテゴテな感じは今の時代には受け入れられないとは思うけど、建築家の意図は今の建築よりもス...

      続きを読む
    開く

    セーフモード