人を助けるとはどういうことか ― 本当の「協力関係」をつくる7つの原則

著:エドガー・H・シャイン 監訳:金井壽宏 訳:金井真弓

2,090円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    どうしたら、あの人の役に立てるだろう?あたりまえすぎて見過ごされていた「協力関係」の原理原則を、組織行動論のグル、エドガー・シャインが、身近な事例から、わかりやすく提示する。「親切のつもりで」、あるいは「相手の助けになるように」とった行動が、実は相手にとってはそうでなかったということは多い。仕事にとどまらず、日常生活でも、こうした体験は誰もが記憶にあるだろう。では、なぜ、こうした齟齬が起きてしまうのか。起こらないようにするには、どうすればよいのか。起きてしまったときには、どんな措置を講ずればよいのか。こうした疑問に答えていくのが本書だ。本書で提案する「支援」とは、「押し付け」の支援ではない。あくまで、相手の成長につながるプロセスをともにする、という考え方だ。相手の自律を目的とし、相手が何を必要としているかを質問によって導き出し、一緒に答えを考えていく。これは、プロセス・コンサルテーションと呼ばれる手法であり、シャインが、50年もの長きに渡って、暖め続けてきたものだ。本書は、「支援」の原理原則の解説とともに、実践する際のコツ、また具体的な質問例も織り交ぜて、あくまで実用のためのエクササイズガイドとして、読者の役に立つことを企図している。『リーダーシップ入門』『リーダーシップの旅』の金井壽宏氏が監訳。「この最高傑作を読んだ者は、誰でも必ず得るものがある」―ウォレン・ベニス

    続きを読む

    レビュー

    • 2013/10/19Posted by ブクログ

      2011年2月10日のブログから
      http://jqut.blog98.fc2.com/blog-entry-1144.html

      なぜかまじめに書評です。

      夫婦関係、恋人関係、親子関係、職場関係、...

      続きを読む
    • 2009/12/06Posted by ブクログ

      「私は本書を読んで、助け合うことは自分の感情だけではなく相手の感情も関係して成り立っていて、一番重要なものは“相手を気づかうこと”だと学びました。
      自分が支援する側・受ける側だったとき、上手く相手の...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2012/03/17Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    開く

    セーフモード