ソーシャルデザイン実践ガイド

著:筧裕介

2,420円(税込)
1%獲得

24pt(1%)内訳を見る

    みんなの幸せを、みんなでつくろう。いま注目の問題解決手法「ソーシャルデザイン」。育児、地域産業、高齢化、コミュニティ、災害……社会の抱えるさまざまな課題を市民の創造力でクリエイティブに解決する方法を、7つのステップと6つの事例でわかりやすく解説。ソーシャルデザインとは「森の中に、道をつくる」活動高齢化、地域産業、育児、コミュニティ、災害……社会課題は、鬱蒼とした森のようなもの。足を踏み入れると出口が見えず、とらえどころがなく、道に迷うことも多い。ソーシャルデザインとは、そんな森に一本の道をつくる活動です。森を歩き、声を聞き、仲間をつくる。森の地図を描き、一番必要とされる場所に、必要な道を、橋を、小屋をみんなでつくる。それがソーシャルデザインです。

    続きを読む

    レビュー

    3.9
    10
    5
    3
    4
    4
    3
    2
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/04/15Posted by ブクログ

      http://www.eijipress.co.jp/book/book.php?epcode=2149

    • 2017/05/25Posted by ブクログ

      ソーシャルデザインの教科書
      本書では、ソーシャルデザインを「人間の持つ『創造』の力で、社会が抱える複雑な課題の解決に挑む活動」と定義している。
      また、デザインを「問題の本質を一挙にとらえ、そこに調和と...

      続きを読む
    • 2017/02/24Posted by ブクログ

      高校生向け!?かなり抽象化された内容。そもそも社会課題の見つけ方から入るという特異な視点から書かれている。社会課題を見つけたがっている人なんていないだろうに・・・ 研究対象を見つけたい人にはお勧めか。

    開く

    セーフモード