【最新刊】街角で謎が待っている がまくら市事件

がまくら市事件

著:秋月涼介 著:北山猛邦 著:越谷オサム 著:桜坂洋 著:村崎友 著:米澤穂信

865円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ここ蝦蟇倉(がまくら)市では、不可能犯罪がよく起こる。少女は親友の犯罪を隠すために死体を処理し、レストランでは男女がワイングラスを傾けつつ友人の死を推理する。密室の謎を捜査する大学サークルの面々、互いに秘密を抱えて無人の球場で会話する高校生、常連客と推理談義を交わす中国茶房の女主人、少年が引き起こしたとされる陰惨な事件を追うルポライター。この街で起こる事件には、いつも出会いと別れが待っている。架空の都市を舞台に同世代の人気作家が競演する、「街」の物語。〈がまくら市事件〉その2。

    続きを読む
    提供開始日
    2014/12/26
    連載誌/レーベル
    創元推理文庫
    • がまくら市事件 全 2 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      がまくら市事件 全 2 巻

      1,730円(税込)
      17pt獲得

    レビュー

    3.3
    32
    5
    2
    4
    11
    3
    16
    2
    3
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2015/07/03Posted by ブクログ

      一つの舞台で共有して書くシェアードワールド。
      この作家さんが書いた人物が、この作家さんのところにも出てる!わー!っていうところにも興奮。
      好きな伊坂さんの作品はやっぱりよかったし、この作品読まなかった...

      続きを読む
    • 2017/06/25Posted by ブクログ

      鎌倉に似た町を舞台にした短編集。
      色々な個性が楽しめて面白かった!
      道尾さん、伊坂さんはやって引き込まれるけど
      全部面白かった!

    • 2015/01/10Posted by ブクログ

      架空の都市を舞台にした連作短編集。
      章ごとに作者が違い、それぞれクセのある文章
      なのに、違和感なく1冊の中に納まっていました。

      道尾秀介さん:どちらにしてもバッドエンドな感じで、
      うわぁ!と思いまし...

      続きを読む
    開く

    セーフモード