【完結済み】ポーの一族 1巻

ポーの一族

完結

萩尾望都

462円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

1880年ごろ、とある海辺の街をポーツネル男爵一家が訪れた。ロンドンから来たという彼らのことはすぐに市内で評判になった。男爵夫妻とその子供たち、エドガーとメリーベル兄妹の4人は田舎町には似つかわしくない気品をただよわせていたのだ。彼らを見たものはまるで一枚の完璧な絵を見るような感慨にとらわれた。実は、その美しさは時の流れから外れた魔性の美。彼らは人の生血を吸うバンパネラ「ポーの一族」であった。市の外れに家を借りた一家は、人間のふりをしながら一族に迎え入れるべき者を探し始めた。そして、エドガーが興味をひかれたのが、市で一番の貿易商の子息であるアラン・トワイライトだった…。

続きを読む
ページ数
193ページ
提供開始日
2014/12/14
連載誌/レーベル
ベツコミ
出版社
小学館
ジャンル
少女マンガ
  • ポーの一族 全 5 巻

    未購入の巻をまとめて購入

    ポーの一族 全 5 巻

    2,310円(税込)
    23pt獲得

レビュー

  • 2017/07/17Posted by ブクログ

    (2017.07.26)(1981.10.30)(1981.07.25・第23刷)
    「ポーの一族」の話に属するのは「メリーベルと銀のばら」の部分のみです。ほかの二編は、一冊の分量に足りない分の埋め草で...

    続きを読む
  • 2017/07/17Posted by ブクログ

    (2017.07.24読了)(1981.10.24購入)(1981.07.25・第25刷)
    最初は、職場の同僚から「面白いから読んでみて」と渡されて読みました。その後、自分で購入して読みました。今回は...

    続きを読む
  • 2010/02/01Posted by ブクログ

    10代の頃は萩尾作品にどっぷりと心酔。
    その精神世界は漫画を超え、純文学に価します。

    アン・ライスの「夜明けのヴァンパイア」は
    萩尾作品からヒントを得たのか‥? 時を超えて私の宿題となっているが
    ...

    続きを読む
開く
[{"item_id":"A000435457","price":"462"}]

セーフモード