【最新刊】竹と樹のマンガ文化論(小学館新書)

竹と樹のマンガ文化論(小学館新書)

竹宮惠子(著)/内田樹(著)

814円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    内田樹×竹宮惠子の目ウロコ初対談。内田樹と竹宮惠子の初対談。日本のマンガはなぜグローバルになったのか?よくある質問だが、誰も言わないことを言う内田樹と、少女マンガの常識を打ち破ってきた竹宮惠子は、思いがけない理由を次々とあげる。核心になるのは「オープンソース」。マンガは描き手が次々生み出す手法をコンピュータのOSのように公開し、誰が使ってもいい許容の中で成長してきたからすたれない、と言う。ふたりは共に1950年生まれ。戦後マンガの黄金時代の始まりと成長期がぴったり重なった世代で、人生が変わるくらい大きな影響を受けた。マンガ家とヘビー・リーダーに分かれたが、共に大学教授になるなど、じつは共通点が多い。奥深いマンガ界に迫る「竹と樹の詩」ならぬ「竹と樹のマンガ論」。

    続きを読む
    提供開始日
    2014/12/19
    連載誌/レーベル
    小学館eBooks

    レビュー

    3.8
    14
    5
    3
    4
    6
    3
    5
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2017/06/22Posted by ブクログ

      竹宮さんが大学の学長になって学校で漫画を教えているとは知りませんでした。
      しゃべりすぎる内田さんとの対談は刺激がたっぷり。
      内田さんによる「ボーイズラブ漫画は少女漫画家のアンチアメリカ(仮)説」は
      ...

      続きを読む
    • 2014/12/08Posted by ブクログ

      竹宮惠子と内田樹が「マンガ」をテーマに大いに語る、という夢のような対談本。タイトルはもちろん「風と木の詩」のオマージュ。竹宮先生が自分の主要作品について、裏話も含めてここまで整理して語るのを見たのは初...

      続きを読む
    • 2015/01/21Posted by ブクログ

      相変わらずの内田節と、少女漫画大家の対談。オープンソースであることの重要性を始め、なるほどと思わされる内容でした。確かに漫画の界隈だと、カリパクがどうこうとかいう話、聞かないですもんね。だからこそとい...

      続きを読む
    開く

    セーフモード