わかりやすいはわかりにくい? ――臨床哲学講座

鷲田清一

715円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ひとはなぜ、自由が拡大したのに不自由を感じ、豊かな社会になってかえって貧しさを感じるのか。「自由」「責任」の本質は何か。哲学の発想から常識とは違う角度からものを見る方法を考える。人々と対話し思索を深める“臨床哲学”の立場から、複雑化した社会のなかで、自らの言葉で考え、生き抜いていく力をサポートする。

    続きを読む

    レビュー

    • 2011/06/11Posted by ブクログ

      〝ほんとのところよくわからない、とほんとうに思うようになるのが、ひょっとしたら老いのしるしなのだろうか。
      死ぬ前に、理解できなくとも納得だけはしておきたい。自分がここにいる、いた、という事実を。
      ある...

      続きを読む
    • 2020/04/09Posted by ブクログ

      タイトルに惹かれて読みました。先に読んだ同著者の「〈ひと〉の現象学」とほぼ内容が被っていましたが、解りやさすさ(ライトな切り口)はこちらの方。「生きてゆくうえでほんとうに大事なことには、たいてい答えが...

      続きを読む
    • 2011/11/16Posted by ブクログ

      responsibilityとかhospitalityの意味についての話が、なるほどなぁと思った。意味をただ探すのではなく、保留してみるというのも一つなんだなと思う。特に意図したわけではないけど、医療...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A000396893","price":"715"}]

    セーフモード