若きヴェルテルの悩み

ゲーテ/柴田翔(訳)

660円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

    「彼女はぼくにとって神聖だ。すべての欲望が彼女の前にあっては口をつぐむ。」至福の日々をもたらした恋は、やがてヴェルテルに苦悩を、悲劇の最期を運命づける。激しい感情のうねり。旧社会への反発。ゲーテ自身の絶望的な恋愛体験を題材にしたこの作品は、それまでの小説の常識を覆し、激動期にあった当時の社会に大きな衝撃を与えた。時代と国をこえ、永遠に読みつがれる青春小説の古典。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード